協力隊(青少年活動隊員)として中央アジアのキルギス共和国に来ています!

This Archive : 2008年07月19日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像する

2008.07.19 *Sat
今日から3連休!!
昨日は朝5時に寝た。
今朝は昼12時に起きた!

って思ってたら違った...
夜更かししてしまったって思ってたけど、違った...
夜中2時に寝て、9時に起きてた。

ホストファミリーと夜10時半くらいに出かけて映画を見て...
多分ここまではリビングの正しい時計を見てた。

部屋の目覚まし時計が狂ってた。
事務所きて時計見るまで気づかなかった。
コレ!!って思って、電波時計をわざわざ買い直してきたのに、
いつの間にか日本時間を正確に刻んでいる...
こんなことなら、駒ヶ根で使ってたのを持ってくればよかった。

腕時計も、変。
インド時間になってたのを先輩隊員にチリ時間に設定してもらった。
G-SHOCKにキルギスなんてあるわけがなく、12時間違いのチリに合わせてもらった。
AとMの表示が違うが、まぁ、問題なし。
けど、最近その時計も30分遅れている。
知らないうちにさわってしまったのかな。
自分で直せないので、しばらくは不便だけど、仕方ない...



昨日、一昨日と、赴任一年の先輩の中間報告を聞かせてもらった。
今は、一年後の自分がどんな活動を行えているか想像がつかない。
でも、2年しかない。2年もある?

現地に来ると、日本で要請内容からイメージしたのとは少し違っていた。
でも、そういう事はよくあると聞いていた。

『極端に言うと1コマも学校で教壇に立たなくてもいい。』って。
青少年活動の、地域開発分野。籍は教育省。
だから、そこが管轄する学校や施設ならどこでもいいって。
自分が気に入ったところ一カ所に絞ってもいいし、何カ所か行ってもいいって。
私が行く村は、学校3校とハンディキャップを持った人の通所施設が1箇所と、あといろいろ。
いまいち、イメージできていない。

自分がしたいことが少しでもできそうなところ。
カウンターパートが見つけられそうなところ。
自分を少しでも良いから必要としてくれそうなところ
を、探そうと思う。

だから、はじめ3ヶ月弱は村の様子を知るために、散歩隊員になります。
いろんなとこをブラブラ...
ブラブラしながら、見学、観察!!!
出来る事は限られているだろうし、なんか専門があるわけでもない。
出来る事をするしかない。
何が必要で、私に出来そうなのか探そう...。

8月頭に首都ビシュケクから、ジュディオグス州クズルスー村に赴任します。
けど、6月から9月まで、キルギスでは夏休み。
長ッ!!!!
子どもは学校
にいない。
もちろん先生も休みでいない!!!
金銭的に余裕があれば、休暇はみんなどこかへ出かけるのがキルギス流。
イシククリ湖の近くで休暇を過ごしたり、いろいろ。

だから、村に行って一ヶ月は、全く予定なし...
何をしようかな...
どこを見よう...
何して過ごそう...
他の隊員のとこ遊びに行かせてもらおうかな。
精神的余裕があるうちに!!


いきなりだけど、

ーキルギスでの外国人の要素ー
(どこの国でも同じかもしれないけど)
1.リュック
2.スニーカー
3.帽子

この3つをすべて満たしている私は、顔はせっかくキルギス人に似ているのに、外国人バレバレ。キルギス人に似ていると良く言われる。一緒に赴任した隊員の中でも、私が一番似ているらしい。
こっちの女性はスニーカーほとんど履かない。
日差し強いのに、帽子かぶらない。


ー今食べたいものー
1.ざるそば
2.カレーライス
3.焼きなす(醤油とショウガで!!!!)

今はまだ、『日本食が食べたい!!!!』ってまではなってない。『あれば食べたい!嬉しい!!』って感じ。
けど、もうすぐ日本からカレールーが届く!!待ち遠しい!!!
焼きなすは、韓国ショップと中国ショップで、醤油とショウガが手に入るから作れる。
魚....その内食べたくなるだろうな...


ー他民族国家キルギスー
キルギス人
ロシア人
ウズベキスタン人
中国人
韓国人
ドイツ人
など、この他にもたくさんの民族が住んでいる。

けど、例えばロシア人とキルギス人は全く異なった生活形態だ。
一例。ロシア人はベットで寝る。キルギス人は、布団を床に敷いて寝る。
宗教も違う。だからなのかはわからないが、キルギス人とロシア人の結婚は少ないそうだ。
ロシア人の男性とキルギス人の女性っていうのは時々あるみたいだが、その逆は少なく、キルギス人男性にとって、ロシア人女性との結婚はステイタスらしい。

結婚したい人には、金のピアスを贈るらしい。受け取れば、結婚承諾。
指輪は結婚後に贈るらしい。金の指輪を、右手の薬指に付けます。日本と反対の手です。

この前、ホストのパパが、
『キルギス人に結婚しようと言われたらどうする??』って。
『私は2年後日本に帰るし...』
『けど、優しくて、働き者で、格好よくて、すごくzhiのことを愛している。どうする?』
答えに困っていたら、爆笑された。

こっちでは25歳までに結婚してないと、『遅い!!!行き遅れ!!』と言われる。
みんな結婚が早く10代の結婚も珍しくない。16歳とか...
だから、何人かに
『なんで結婚していないんだ?』
『子どもはいるのか?』
『何歳で結婚するんだ?』
と聞かれた。
『日本ではいろいろな。』と言ってから、自分の考えを言っても結構しつこく聞かれたりする。
首都では働きたいって女の人も増えてきたらしいが、先輩隊員の話では村ではもっとそうらしい。
『結婚=女の幸せ』的な考えの人が多いらしい。家の事をして、子どもを産み育てる。

考え方はいろいろ、それぞれ、です。


たまにはキルギスの国の様子が分かる事を書きます!
(最後だけだけど...)

写真の載せたいんだけど、パソコンの調子が悪くて出来ません...
またその内に

じゃあ、また
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類

プロフィール

chika

Author:chika
徳島県出身。
長いと思ってた2年の任期。早いッ!!
2010年6月24日の任期終了まであと少し。
帰国するとき、『キルギスにまた来たい』って思えたら良いなー。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



07
4
5
6
8
10
11
13
14
17
20
22
23
25
26
27
29
30
31
Copyright © Ha-i キルギス All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。