協力隊(青少年活動隊員)として中央アジアのキルギス共和国に来ています!

This Archive : 2009年07月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図になかった町

2009.07.08 *Wed
日曜日、先輩隊員の配属先の見学に行ってきた。
入所者さんは18歳から上の女性のみ。
ハンディキャップを持った人が生活する施設なんやけど、
そうじゃない人も数人いた。
例えば、孤児。
はじめは孤児院に入ったけど、素行が悪くてここに入所することにさされた人とか。


日曜日ということもあって、入所者さんはそれぞれにのんびり過ごしていた。
飼っている猫と日なたぼっこしたり、木陰で休んだり、洗濯したり。野菜を植えに行ってる人もいるとか。
入所者さんたちが自分で育てたっていう花がたくさん咲いていたし、今は洋梨とリンゴの実も膨らみかけていた。
施設の中もキレイに掃除されていた。いい環境だと感じた。

一緒にのんびり木陰で休んだり、隊員が教えた日本の歌を披露してもらったり。


そんな感じで3時間過ごした。



ずっと前から、私はこの施設の見学に行かしてもらいたいと望んでいて、『いつでもどうぞ』って言ってもらっていたのに、今になってしまった。

7月に予定しているサッカークリニックの下見を兼ねて行かしてもらった。

サッカーをするって言うよりは、『ボールを使ったレクリエーションをする』って感じのイメージだけど、日本から来る友だちも喜んで引き受けてくれた。

ここに赴任している隊員は、『余暇活動の充実』ってことも目的の一つとして活動している。

今回のサッカーの目的は、『楽しい時間を共有する』。他のボランティアも参加してくれるみたいだし楽しみだ。





ここの施設。
旧ソ連時代につくられたもの。

キルギス、福祉に関しては旧ソ連の色がとても濃く残っている。

赤ちゃんが産まれる。もし、障害があると判断されたら。
家族が面倒見られる場合は、家族の元で暮らす。

そうでない場合は、施設に入れられる。

その後は、死ぬまでエスカレーター式に生活の場が決まっている。
0歳~18歳までは、 施設①。
18歳~       施設②。こんな感じで。


一度入ると、里子に貰われたりしない限り出られない。
家族が面会に来る事もほとんどないらしい。

教育を受ける機会、社会進出のチャンスは与えられない。

ここの施設の場合は、町からも離れたとこにつくられていて、公共交通機関では行けないし、逃げ出さないように塀も高く作られていた。


歩いて10秒ほどの一番近くにあるお店へは外出可能になってたけど、基本一生施設の敷地内で過ごすらしい。


私が行った時、虫歯を痛がっている女性がいた。
虫歯になると、歯医者が来て、抜くらしい。
治療はお金がかかるからしない。すぐに抜く。
お金がないから、過磨き粉は使わずに石けんで歯を磨いているらしい。


もしも教育が受けられていたら!!!って入所者さんもいた。


キルギスの路上で、障害のある人を見かけることはほとんどない。
旧ソ連式の隔離政策が行われているから。

そういえば、入所者さんので車いすの女性が『外には出たくない。みんながジロジロ見るから。』って言っていたらしい。

隔離政策。
他の途上国に比べて障害者の社会進出がすごく遅れている大きな理由の一つ。



日本の施設よりも広いし環境はいいらしいけど...

でも、この町、旧ソ連時代には、地図にも載せられてなかったらしい。
軍事的実験が行われたり、秘密基地として使われていたらしい。
土地は汚染されているという噂で、外国人の間では、ここで採れるキノコは食べない方がいいと言われている。



家が無く、路上で物乞いしたりして暮らす。
空腹だろうし寒かったり暑かったりするだろうけど。。。
自分で選んだ人もいるだろうし、そうせざるを得なかった人もいる。

生活の場所があり、3食きちんと食べられる。
寒くないし暑くない。でも、外を見られない。。。
自分で選んでない。


どっちも...


複雑。


でも、そこにいて入所者さんと一緒に活動している隊員。
すごいなーと純粋に思います。
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類

キルギス紹介HP

2009.07.06 *Mon
青少年活動の先輩隊員のキルギス紹介HPです。

よかったら、のぞいてみて下さい。

私の任地、クズルスー村の写真も密かに載ってます。

景色の写真も、近日中(来週あたり?)に、アップ予定らしいです。

ココをクリック “キルギスの空の下で” 
CATEGORY : 未分類

ここ数ヶ月のこと

2009.07.01 *Wed
お久しぶりです!!かっなり、お久しぶりです。
少し、サボってました。

約3ヶ月前のことだけど、前回書いたテレビのこと。
放送されました。

でも、キルギス語隊員のキルギス語には、ロシア語が被されてました...
文法めちゃくちゃの私は嬉しいけど、キルギスなのになぁって、少し複雑に感じたりもする。

でも、知り合いが映像に映ってるのは面白く、先輩隊員のを見て爆笑させてもらいました。(自分のことはおいといて...)



3ヶ月にいろいろあって、何から書こうって感じですが。

一部を箇条書き。

5月9日、勝戦記念日。
勝戦国ってこんな感じなんかなぁって、私にとっては違和感のあるパレードでした。

旧ソビエト時代、戦車などには自分の母親や妻など、女性の名前を付けたそうです。
パレード会場では、『行け!行け!突っ込め!!カネーシャ(女性の名前)♪』って歌が歌われ、みんな楽しそうでした。

でも、私にとっては複雑。勝戦国ってどこもこんなかんじなんだろうか。
この歌は学校などでも歌われていて、リズムはとっても可愛いのに、子どもが歌ってるのを見るたびになんか残念に感じてしまうのです。



5月28日。
州の学校先生対抗バレーボール大会に参加しました。
8時半集合、9時開始だったのに、始まったのは10時半。
2ゲームくらいしたら、いきなり中断。
で、開会式するって。え??どんな段取りで進んでるのか...
気づけば、先生たちが鳩を持ってる。
いつの間に?
『そこで捕まえた』って。
どうやって???
行進中に、空に放す。
バサバサって羽が降りかかる...
その後、そのままの手でパンを食べる現地人。
野生のハト触ったのに....私には出来ん。

会場は、原っぱ。
草が生えていて、家畜が侵入してくる広場でバレーっていうのがキルギスらしい。
足下怖いし、まぶしくてボール見えないし、けっこう大変でした...

でも、私のお世話になってるアブドラマノフ学校は、優勝!!
普段関わりの少ない先生との交流も出来た☆
8時半から20時半まで、外で頑張った介があった!!
残りの活動も、この先生たちと頑張ろう!!って改めて思えた。



6月18日。
19年度1次隊の先輩が任期を終了し帰国。
教育分科会として、協力して(私が一方的にお世話になってた感じだけど)活動してきた2人も帰国。
わからない単語があれば電話。
悩みや相談があれば、電話。食事。飲みに行く。
寂しいし、心細いなぁ。
帰国後、日本での再会が楽しみだ。




5月26.27.29.30日
活動先の児童センターの0年生の卒業式でした。
80人くらいの子どもたちは、9月から4校の学校へ通い始めます。
会うのが最後になるんだなって子もいた。
1年いっしょに活動してきた子たち。
1年早かったなぁ。
みんなちょっとづつ大きくなったなぁ。
新しい場所でも頑張れー!!!



6月25日☆ 祝1周年 ☆
キルギスに赴任して1年が経ちました。ヤッター!!!!
でも、少し焦る。
長ーいと感じていたし、今でも残り1年長く感じるけど、多分アッという間に過ぎて行くはずの任期。
季節が一回りして、ようやくしたい事が整理されはじめた気がする。
帰国を楽しみに、後悔しないように、去年よりは前向きに活動していこうと思います。




今日。午前11時。
首都ビシュケクの学校を訪問。
7月に行う予定のサッカーセミナーについての打ち合わせに行ってきた。
『日本から先生が来る』ってことで、とっても喜んでくれているみたいだ。
この企画。私の高校時代の友だちの協力を得て行う。
NPOでサッカーの指導者として働いている彼。
元Jリーガーの木村哲昌さんといっしょにキルギスに来てくれる。

キルギスは今夏休み。それも6月から9月まで3ヶ月。長ッ!!
その長い夏休みに、活動の機会を与えてくれた彼に感謝。
キルギスの子どもたちと一緒に、心待ちにしてます☆

孤児院、学校、福祉施設、たくさん回りましょうー☆

そこでの話。雑談の一つ。
旧ソビエト時代は、教育のカリキュラムもとってもしっかりしてたんだ。
だから、その時代に教育を受けた世代は、日本についてもとっても良く知ってるんだ。
でも、日本人はキルギスのこと知らないでしょ?
って、一人の先生。

はい、そうです...
1年後帰国したら、たくさんの人にキルギスについて話します。


6月、誕生日だった私。
ホンジュラスの友だちがハガキを出そうとしてくれたみたい。
でも、郵便局に行くと、
『キルギス?そんな国ありません』って言われて、出せなかったって。
(残念!帰国後に受け取ります☆)
あるのにー!!ココに!!キルギス!!!
ホンジュラスでも、そうなんや。
私も、派遣国決まった時、
『知らん!!どこ??』って思ったくらいやしなー。





現在キルギスは夏。
だんだんと暖かくなってきていて、30度をこす日もあり。
湖の季節。人々は湖へ。
コイチュ(羊飼い)は山へ。
私は、あちこち観光へ。





じゃあ、またー
CATEGORY : 活動について

プロフィール

chika

Author:chika
徳島県出身。
長いと思ってた2年の任期。早いッ!!
2010年6月24日の任期終了まであと少し。
帰国するとき、『キルギスにまた来たい』って思えたら良いなー。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



07
2
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Ha-i キルギス All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。