協力隊(青少年活動隊員)として中央アジアのキルギス共和国に来ています!

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揃います!

2008.07.21 *Mon
生活に必要なすべての物が揃います!!
いろんな人がいます。
スリにご注意!!

昨日、バザール(青空市場みたいな感じ)に行ってきた。
キルギスの人は、土日にバザールに買い出しに行く家庭が多いようです。
服、靴、鍋、たらい、化粧品、野菜、文具、グラム売りクッキーやチョコ(コレは助かる)など...
生活に必要な物のほとんど(すべてかも?)がここで、揃う。野菜は、ナロードニー(ス-パー)より新鮮だったりするし、もちろん安い。

こまめに足を運べば、掘り出し物も見つかるかも。

私は外国人だとわかるので、安く買えているかどうかはわからないが、ナロードニーよりは安い!!
昨日買ったもの。

中国製のスカート(250ソム=約750円)
プラムの香りの石けん(13ソム=約39円)
少し贅沢なチョコ6個(12ソム=36円)

その後、本屋に行こうとしたら、15時まで...。
絵本と辞書が見たかったのに...また次回!!
平日も18時までで閉店らしい。

日本から送った絵本の中に、『たいせつなおくりもの』という本がある。
イギリスの絵本だ。
『大切な人を失ったときに、それをどう自分の中で考え、進んでいくか。』みたいな感じだ。
よく説明出来ないので、気になったら読んでみて下さい。
絵も可愛いです。

キルギスでは、男性の平均寿命がとても短い。
(はっきり何歳かは知らない...)
70歳、80歳の男性は本当に少なく、珍しいそうだ。

標高が高いからか、油っぽい食べ物が多いからか、ウォッカをたくさん飲むからか...
全部関係してる気がするけど。
でも、やっぱり寒いとこでは油っぽい食事は仕方ない気がするし、体が温まる強いお酒も必要なんだろう。

脳梗塞、心臓発作でなくなる人が多いそうだ。
だから、シングルマザーの家庭がとても多いそうだ。
(働き手をなくした家庭は大変だろう...)

家族を早く亡くすという経験をする子どもが多いということだ。
キルギスの絵本ももちろん読むけど、日本から送った本もこっちの言葉に訳して使えればと思う。
そのためにも、やっぱり語学!!!
あと、無事に日本から絵本たちが届きますように!!



昨日から、ホストファミリーの子にロシア語を教えてもらうことになった。
その子は,大学で3年間日本語を勉強していた。
今は、ネットで日本人にロシア語を教える仕事をしている。
文法的に説明して教えるというよりは、場面設定をして会話練習をしているような感じだ。
で、その資料を使って私にも教えてくれる事になった。
もし、その教案に読めない漢字があったり、意味のわからない単語があったら、私が教える。
日本語を教える時の参考になる。
昨日は、『ちゃんと(口語)』、『きちんと』、『資料を元にして』の『元』について聞かれた。

毎日2ページずつ進めていく事にした。
首都にいる間しかロシア語を勉強する機会はないかも。
自分で作ればあるだろうが、その精神的余裕があるかわからないから、今の内に!
チャンスがあるうちに!!思い立ったときに!?



ーお風呂について。ー
今は首都なので、問題ない。
お風呂以外にも特に生活の不便さは感じない。

私の赴任する村は首都から来るまで約7時間。
家にお風呂がある文化ではない。
なので、私のホームステイする予定の家にもないらしい。

キルギスでは、『バーニャ』と言って、サウナのような感じの物があって、そこで体を洗うのが一般的らしい。
私が行く村には、公用バーニャがあるそうだ。
そこを、1時間1ファミリーとかで借りて、体を洗う。
なので、私は8月頭からは、約1週間に一回のお風呂になる...
バーニャがしばらくたかれなくて我慢出来なくなったら、
部屋で大きなタライに水を溜めて体を拭く。頭は外で洗う。って感じになりそうだ...
さっき、バザールで揃うものにタライを書いたのはそのためだ!!
私は村のバザールで、でっかいタライを買う必要がある!!!
タライでお風呂に入るのを想像すると間抜けだ。
でも、駒ヶ根のキルギス語の先生にもそうするようにアドバイスされた。
気持ち悪いより、入れる方がいいに決まっている!!!

村生活のために、『今から毎日シャワー浴びないように練習をした方がいいのか??』とかしょうもない事で悩んだ。
で、今まで頑張ってみたこともある。2回だけ...
こっちに来てから、今まで3回シャワーを浴びなかった。

2回は自主的に頑張ってみたが、結局2日とも朝に頭だけ洗う...
1回はお風呂のペンキを塗り替えた日で入れなかった...

で、結局今は、『入れるうちに入っておこう』と決めて、毎日シャワーを浴びている。

今は座って講義を受けているだけなのに、こんな感じだ...
村にいって活動が始まったら...耐えられるかな...
お風呂は大好きだ...でも、耐える耐えない以前に、お風呂がないんだから仕方ない。
水があんまりないんだから仕方ない。
慣れるだろう...。いろいろ工夫して、楽しんでいろいろ出来るようになりたい。



ーキルギスの首都ビシュケクについてー
生活に特に不便は感じない。
でも、それは私がボランティアとしてこの国にいるからだろう。
現地の人の生活は、いろいろだろう。
着いたすぐは、ここが発展途上国って思うような場所もたくさんあって驚いたが、約一ヶ月いると少しずつ見えてくる。
(聞いたことも多く、すべてを私が見た話ではないけど)


立派な建物は、旧ソビエト時代に建てられた物が多い?
独立して、貧富の差が大きくなったらしい。
旧ソビエト時代が良かったという人が多い。
(教育は無料だったし、みんな同じだったからだそうだ。仕事も今よりはあったそうだ。)

ロシアや周りの国から、どんどん取り残されていく感じなんかな?
地下資源がない事も大きいよな?
石油はウズベキスタンから買っているし、ガソリンもロシアの会社が参入してきているらしい。
出版会社は金銭難のときに外国に売ってしまったらしい。
だからなのかわからないが、教科書の改訂がない。


誰かの話。
箱はあるのに、中身がない。
これから廃れていく国...


ボランティアの派遣が始まったのが新しい国だ。
国が新しいしね。

これから、増えるのかもしれない...
ボランティア...
減って行く事が良い事なのかもしれないが、この国はしばらくはそうなりそうにない。



今、KBACHOB(クバスと呼んでいる。)を飲んでいる!!
コーラに黒蜜を入れたような味だ。
コーラよりも安く、お気に入りだ。
炭酸が飲みたくなったら、コレを買う事にしている。
パッケージは、ひげ面のオジさん。



じゃあ、また
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類

COMMENT

クバブ(o~-')b
コーラに黒蜜…想像しただけでも、おいしそうやなぁ~L(・o・)」私も絶対すきな味じゃ♪
さてさてビックリしたよ!!お返事メール☆ありがとう♪前回のコメントが増えとる…と思て、見てみたら(≧ω≦)bほんま、うれしいわぁ~~~~~☆
zhiが元気で毎日新しい発見して、素直に感動して受け入れていきよる様子がほのまま真っ直ぐ伝わってくるピログ、ほんま大好きです♪
キルギスを近くに感じるピログ。zhiがキルギスに行かんかったら、一生キルギスのことを知らんかったと思うけど、外見や、天然資源がないとこ等々、日本との共通項も見つかったりして、楽しいよ。zhiが私たちの世界を広げてくれとります!!ありがとう♪
なんか、語りすぎたけどσ(^◇^;)。。。
明日は、どんな経験・発見をするか、楽しみじゃ!
スリに気をつけて、買い物上手ぶりを発揮してな♪
ほなほな、またね~!
2008/07/23(水) 00:39:32 | URL | ユアサ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

chika

Author:chika
徳島県出身。
長いと思ってた2年の任期。早いッ!!
2010年6月24日の任期終了まであと少し。
帰国するとき、『キルギスにまた来たい』って思えたら良いなー。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © Ha-i キルギス All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。